けいおう橋本駅歯科室電話番号

歯周病

歯周病についてご説明いたします

歯周病とは

歯周病は歯肉炎・歯周炎の総称のことです。厚生労働省の調査によると日本人成人の80%以上が歯周病と言われております。

歯周病の主な原因は、歯と歯ぐきの境目に溜まった、歯垢(プラーク)です。プラークに含まれる細菌によって発症します。プラークの除去が不十分なことで口臭も発生します。 歯周病の進行により歯を支えている組織は徐々に破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行

見出しマーク歯周病の症状

歯周病になると、歯ぐきの赤みや腫れ、出血、口臭などの症状が出ます。症状を放置すると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。手遅れになる前に、お早めに歯医者さんへご相談に来てほしいと思います。

  • 口臭が気になる
  • 歯みがきの時、歯ぐきから血が出る
  • 朝起きると口の中がネバネバする
  • 歯ぐきが下がってきたように思う
  • 歯がグラグラしてきた
  • 歯ぐきが腫れた

歯周病が原因で起こる大人の虫歯

「大人の虫歯」は子どもや若い人がかかる虫歯と性質が異なります。この大人の虫歯は、歯周病が原因で起こるため、歯周病によって歯ぐきが下がり、露出してきた歯根表面にできてしまうのです。

歯周病が悪化してくるのはだいたい40代くらいからです。40代くらいからこの「大人の虫歯」は急増してくるので注意が必要です。

見出しマーク進行がはやい大人の虫歯

「大人の虫歯」は、通常の3倍のスピードで進むと言われています。この理由は、大人の虫歯ができる歯根の表面というのが、歯の頭の部分である「歯冠」と違って、丈夫なエナメル質で覆われていないためです。

歯冠部分は、エナメル質が虫歯菌から歯を守ってくれていますが、歯根部分は、このエナメル質が無く、表面がザラザラしているため、虫歯菌がとってもくっつきやすいのです。さらに、歯根は歯の神経と近い位置になるため、神経に達するものとても早くです。歯ぐきが下がってきていると感じたら、虫歯にも歯周病にも注意しましょう。

歯周病の予防

歯周病も、さまざまな病気と同じように早期に発見・治療することが大切となります。歯周病は放置して治ることはありません。また、歯周病によって下がった歯ぐきは元に戻ることはありません。だからこそ、早期に発見して歯周病の進行を止めることが、大切なのです。

早期に発見・治療には、毎日の歯みがきに加えて、歯医者での定期的な歯科検診が欠かせません。歯科医師の目で定期的な検査を行い、適切なアドバイスを受け、正しい歯周病予防を行っていきましょう。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る