けいおう橋本駅歯科室電話番号

口腔ケアの役割

口腔ケアの役割についてご説明いたします

口腔ケアの重要な役割について

口腔ケアの役割は、お口を健康に保つだけでなく、全身の健康にも重要な役割を果たすことが近年の研究で分かってきています。新型コロナウイルス 感染症(Covid-19)に対する懸念が高まる現在において、口腔ケア・口腔清掃の重要な役割をご説明したと思います。

細菌性肺炎を予防する口腔清掃

「口腔細菌の制御」がさまざまな感染症の発症と重症化を防ぐ重要なポイントと言われています。

「口腔細菌の制御」は現在の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の重症化予防だけではなく、すでにインフルエンザウイルスによる肺炎の重症化予防、誤嚥性肺炎の予防に重要であることがわかっています。(参考:鶴見大学歯学部探索歯学講座教授 花田信弘/新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に対する口腔清掃の重要性)

重症化しないためにできること

重症化しないためにできること

新型コロナウイルスから完全に逃げることは困難なようです。このウイルスが肺に侵入すると、まずウイルス性肺炎を起こします。私たちの身体は必死になって免疫をフルに使ってウイルスに対抗します。ここでおさまれば軽症で治ります。

しかし、お口の中が汚れていると、ウイルスが口の中に入ってきたときに、歯周病菌が作り出した酵素によって体内でウイルスの増殖が大きくなります。(参考:鶴見大学歯学部花田信弘教授の資料より)

自宅でできる口腔ケア

「歯磨き」は、口腔ケアの中で最も大事な1つです!この機会にご自身の歯の磨き方をチェックして、丁寧な歯磨きに取り組んでほしいろ思っています。その他にも、日常生活ですぐに取り入れられる口腔ケアがあります。ぜひご参考ください。

丁寧に歯を磨く!

毎日の歯磨きでは、「歯垢を落とす」「フッ素を歯に残す」「細菌を増やさない」ということに意識して、実践することが大切です。歯磨き剤を活用しましょう。そして、歯ブラシの毛先が歯にあたっているか、鏡でチェックしながら磨くことおすすめします。

お口のまわりをマッサージする

口腔機能が低下すると、しっかりと噛めなくなり、十分な栄養がとりにくくなることから、体力低下・免疫力の低下につながり、感染症にもかかりやすくなります。健全な口腔機能と、それによって良好な口腔衛生状態を保つことが大切です。

よく噛んで食べる

食べ物をよく噛んで食べることで唾液が出ます。唾液に含まれる酵素が、食べ物に含まれるでんぷんを分解して、胃で消化されやすい状態にします。唾液が、口の中の食べカスを洗い流し、口の中をきれいにして虫歯や口臭を防いでくれます。

歯医者で行う口腔ケア

歯医者で行う口腔ケアでは、皆様がご自宅でのセルフケアを正しく行うためにアドバイスしています。歯磨きの仕方、セルフケアアイテムの選び方もお教えしています。その他、歯周病の予防・治療として歯のクリーニングなど実施します。

  • 歯のクリーニング(スケーリング・PMTCなど)
  • 歯磨き指導・トレーニング
  • 歯周病検査
  • フッ素塗布

歯のクリーニング(PMTC)では、ご自宅での歯磨きで落としきれない歯の汚れ(歯垢や歯石)を歯科医院での専門の器具を使って、キレイに落とします!お口の中を清潔に保つため、ぜひ歯医者も活用してほしいと思います。

虫歯・歯周病のリスク、そしてウイルス感染のリスクを減らすお手伝いができれば嬉しいです。今こそ、ぜひ歯医者を活用して正しい口腔ケア・予防歯科に取り組んでみてほしいと思っております。

ページ先頭へ戻る
ページ先頭へ
ページ先頭へ戻る上に戻る